銀行員にオススメの転職サイト・転職アプリはコレ

地方銀行からM&A業界へ転職して大成功!給料は行員時代の2倍

地方銀行の給料は高いと思われていますが、実はそんなことはありません。特に役職手当のつかない20代の給料は手取り20万円前後です。

しかも、営業成績が良かろうが悪かろうが給料差はほとんどなく、どれだけ頑張ったとしてもボーナスに反省されるのは数万円程度です。

若い時は給料が安くても我慢をして働けば役職に就くことができ、給料が上がると言われたこともありますが、今は地方銀行が存続することができるかどうかわからない時代です。

安い給料で働いた結果、地方銀行が倒産してしまったら元も子もありません。ですので、若いうちから稼ぎたい優秀な行員から他業種へと転職して行く傾向があります。

転職先として人気のある業界の一つにM&A業界があります。この業界は成果主義であり、仕事ができる人は20代でも1,000万円以上稼ぐことができます

今回は30代前半に地方銀行からM&A業界へ転職した元行員の方にアンケートに協力していただきました。M&A業界への転職を希望している方の参考になれば幸いです。

目次

地方銀行からM&A業界への転職を決めた理由は2つ

4527513_s 地方銀行からM&A業界へ転職して大成功!給料は行員時代の2倍

私は大学卒業後に新卒で就職活動をして、地方銀行に内定をいただき入社後、地方銀行で9年間務めていました。地方銀行では主に法人営業の部署で働いていました。

仕事内容としては、クライアントになる地元の中小企業に電話、面談などを駆使して関係性を築き、融資を受けていただける銀行となることでした。

地方銀行での経験をもとにキャリアアップを目指して、M&A業界へ転職をしました。地方銀行での仕事を辞めてM&A業界へ転職を希望した理由は主に2つあります。

給料体系が気に入らなかった

1つ目に給料の違いがあります。地方銀行では基本給とボーナス給料があるのですが、基本給は基本的に年次が上がるごとに少しずつ増えていく仕組みになっています。この年次を一気に超える昇進ということはほとんどありません

またボーナスに関して言えば、もちろん成績が関与してくるのですが、大きな差は生まれにくいという問題がありました。

具体的には、入社3年目くらいまでは成績に関せずほとんどボーナスの差はありません。5年目くらいで営業成績のトップと1番下でもボーナスの差が倍以内に収まってしまうくらいの差でした。

法人営業でそこそこの成績を上げたとしても、あまり給与面では魅力的でなく仕事へのモチベーションが下がってしまいました。

将来性に不安を感じた

2つ目に地方銀行のビジネスモデルに限界を感じた点です。今の日本社会ではヒト、モノ、カネが都心部に集中し、過疎地域の経済活動は年々厳しくなってきています。

地方銀行では、その過疎地域での経済発展の支えになる金融機関を目指していのですが、当然のように発展企業が出てこないと地域経済も金融業界も盛り上がりません。

古くから付き合いのある大手企業との繋がりが消えてしまったり、倒産したりしてしまうと銀行側のリスクも一気に上がってしまいます。

このような背景から地方銀行の合併なども出てきているのではないかと思い、先行きに不安をもったのが理由の一つです。

M&A業界の仕事内容と地方銀行との違い

4527513_s 地方銀行からM&A業界へ転職して大成功!給料は行員時代の2倍

転職した業界の仕事内容はM&Aといい、企業同士の買収合併を仲介することで、仲介手数料を主な収益源としている業界です。

企業が大きくなっていくのは当然自社の価値を高めて取引先が拡大して、確固たる収益基盤を作っていくこと他ならないのですが、この過程には大きな時間がかかってしまいます。

一方でM&Aを行うと、企業を買収することでその過程を省略することができるので、時間短縮を行うことができます。

資金力のある企業は一から事業を立ち上げるよりも、他の企業を買収して成長していく戦略を取った方が有利になる可能性もあります。このような会社同士の売り買いの仲介をする仕事がM&A業者となります。

かなり有効な戦略なので、活用した方が良いと思う方も多いと思いますが、会社を売る立場の社長も様々な不安を抱えています。

従業員の雇用はしっかり守られるのか。給料はどうなるのか。業界の見通しはどうか。このような多くの心配事を、買い手、売り手それぞれの社長と話し合い、しっかりとした擦り合わせを行い、M&Aを取りまとめていくことに求められる、労力、スキルはかなりのものになってきます。

仕事の内容は地方銀行で行っていた業務内容とは大きく異なります。しかし、地方銀行時代に相手をしてきた中小企業の社長と話し合って会社を良い方向に向けていくという形でコミニケーションを取ることは業種が違えど同じなので、その点は有利に働くと思います。

転職して良かったこと悪かったこと

4527513_s 地方銀行からM&A業界へ転職して大成功!給料は行員時代の2倍

地方銀行から転職をして良かったことも悪かったこともありますが、総合的に判断すると転職して良かったと思っています。

転職して良かったこと

転職して一番良かったことは給与が大きく上がったことです。年収で2〜3倍になりました。インセンティブが大きく関わってくるので成績が良ければ良いほど給料は貰えるというものになりました。

転職して悪かったこと

また転職して悪かったこととしては、転職したものに求められるものは結果以外の何者でもないということをもっと自覚すべきだと思った点です。

転職前は、地方銀行でそこそこの成績を残していたので、自分はできるビジネスマンだと思っていました。

ですが、業界が変われば、全くの素人、結果が中々出ませんでした。転職で採用される人は基本的に成果主義で評価され、即戦力を求められるので、結果を出さないとそれこそクビになってしまうのではないかと恐れなが最初の頃は仕事をしていました。

地方銀行からM&A業界への転職を考える方へのアドバイス

M&A業界の採用情報を見てみるとわかると思いますが、多くの企業で未経験可となっています。ですので地方銀行からの転職も十分可能です。

この業界では地方銀行時代と同じで中小企業の社長と話す機会が多いです。そのため、今までの法人営業などの業務経験を活かすことができます。

ただ、この業界は甘いものでありません。転職してから結果を残せるようになるまでの時期は辛かったので、そこの理解は甘かったなと思いました。

これから転職を考える方は、今一度自分の強みは何かということを考えるべきだと思います。

就活時代に使っていた具体性の欠ける強みだけではなく、就職後の業務の中で身につけたスキルも加味して考えて欲しいと思います。

その強みこそが転職市場でのあなたの価値となりますし、その強みを活かした転職活動をすれば、あなたを次のステージへと押し上げてくれると思います。

自分の可能性を事前に知っておこう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる