銀行員にオススメの転職サイト・転職アプリはコレ

地方銀行からコンサルティング業界へ転職して成功!年収も大幅アップ

地方銀行員につきものなのが数年に一度にある転勤です。せっかく取引先との関係性も良くなり、これからというタイミングでの転勤というケースが多いです。

もちろん不正防止という観点からは正しいことだとは思いますが、営業面から考えた場合、信頼関係が構築されている担当者を転勤させることはどうかと思います。

昭和世代の方からしたら当たり前のことかもしれませんが、地方銀行の仕事は若い世代からしたら考え方が古いと感じる部分も多いようです。

今回は地方銀行からコンサルティング会社へ転職した男性にアンケートに協力していただきました。転職を検討している方の参考になれば幸いです。

目次

地方銀行を辞めたいと思った理由は2つ

23561466_s 地方銀行からコンサルティング業界へ転職して成功!年収も大幅アップ

私は2013年に地方銀行に入行し、8年勤務していました。初任店では、窓口業務で、預金、出納、為替を経験し、その後、マイカーローンや住宅ローンなど個人ローンの業務を担当しました。

2カ店目では、主に法人融資渉外を担当し、地域の中小企業に対する財務アドバイスやソリューション提案、融資提案を行っていました。

銀行業務は覚えることも多く大変でしたがやりがいのある仕事だと思いました。給料も満足できるくらいもらっていました。

しかし、今後もこんな状況が続くかどうかわからないといつも考えていました。そのため転職をしました。転職を決めた主な理由は2つです。

  • 地方銀行の将来性に不安を感じた
  • 経営者と本当の信頼関係を構築できない

地方銀行の将来性に不安を感じた

また、外部環境を見たときに、金融機関を取り巻く厳しい環境がありました。銀行は安泰だという考えは通用せず、変革が求められていましたが、今までの慣習や事なかれ主義、次世代への責任転嫁など組織文化の低さが銀行にはありました。

DXなど新たな技術、サービスが日々進化していく中で、その進化にキャッチアップしていかなければなりませんが、銀行の体質では難しいと強く感じました。

銀行の仕事にはやりがいを感じていましたが、今後の先行きを考えたときに、どうしても引き続き定年まで銀行で働く自身の姿をイメージすることができませんでした。

経営者と本当の信頼関係を構築できない

企業の経営者と一対一で対話できる魅力的な環境でしたが、金融機関には定期的な異動があります。経営者と今後の事業展開について戦略を策定するも、異動によって途中で必然的にアウトとなってしまう。

2〜3年での異動では、経営者と本当の信頼関係を構築できないと思うようになり、転職を考えるようになりました。

地方銀行とコンサルティング業界の仕事内容と違いについて紹介

23561466_s 地方銀行からコンサルティング業界へ転職して成功!年収も大幅アップ

転職した業界の仕事内容は、コンサルティング業界になります。仕事内容は企業の企業価値向上のため、幅広いコンサルメニューを駆使して価値提供を行います。

銀行時代の業務とも似て通じるところがあり、かつ営業も経営者に対するアプローチであることから経験を活かしてチャレンジすることができました。

地方銀行との仕事の違い

銀行との仕事の違いを感じた点は、2点あります。1点目は、外向きの仕事が中心であることです。外向きの仕事とは、お客様ファーストでビジネスを進めることができたという事です。

銀行の時は、内部向けの会議資料に時間を取られ、お客様への時間を十分に確保できていませんでした。

転職先では、会議よりもお客様との面談や問い合わせを優先でき、無駄な会議やその資料作成もありません。

2点目は自由度の高いルールです。銀行では、情報漏洩を意識するあまり効率性の悪いルールが蔓延っていました。情報管理の観点からは必要な事だと思いますが、あまりにも時代遅れすぎました。

PCの持ち出しや、デジタルツールの貸与など一般企業で当たり前のことが非常に先端的に感じられました。

地方銀行からコンサルティング業界への転職を考えている方へのアドバイス

23561466_s 地方銀行からコンサルティング業界へ転職して成功!年収も大幅アップ

私が転職したコンサルティング業界は、現在非常にホットな業界だと思います。企業経営者のパートナーとして、経営の判断をサポートしてあげることは、非常にやりがいを感じることができます。

コンサルティングは専門性の高い業務ですが、決して経験者である必要はありません。

特定のドメインに精通している、中期ビジョン策定やホールディングスなどファンクションの実績があれば、十分です。事業会社からの転職者は決して珍しくありません。

成長したいという強いキャリアビジョンを持っていれば、コンサルタントとしての素質は十分です。

コンサルの着眼点、論理的思考は臨床経験を積むことによって獲得できるスキルです。前向きなチャレンジ意欲があれば、十分に成功することができます。

また、コンサルティング業界は給料が高いです。平均年収を調べてみてもらえればわかりますが、地方銀行よりも平均年収は200万円程度高く、成果を上げることができれば20代で1,000万円以上稼ぐこともできます。

世の中お金じゃないなんて言う人がいますが、お金はやっぱり必要だと思います。今後どうなるかわからないので稼げるうちに稼いでおくことが重要だと思うからです。

コンサルティング業界では頑張れば頑張った分だけ給料がもらえます。若いうちにお金を稼ぎたいと思っている方にはうってつけの業界だと思いますよ。

自分の可能性を事前に知っておこう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる