信用金庫社員が30代で転職して成功した体験談を語ります!

私は30代前半です。10年間信用金庫に勤務していましたが今年の3月末に退職しました。信用金庫に勤めていた時の年収は650万円程度です。

仕事内容は渉外係を担当しており、預金や融資推進を中心として保険の販売やクレジットカードの推進など何でも屋みたいな形でやっていました。

また、渉外で融資の話を得てきた時には自分で顧客と借入金額及び金利、借入期間等の交渉を行い、資料を整えて本部へ書類申請し、本部決裁を取った後に融資の実行まで行っていました。

得てくる話は、事業資金や他行の借り換え、消費者ローンの支援など何でもありました。さらに営業の役席も務めていたため、部下の指導も行っておりました。

目次

信用金庫の上司は実力がない人も多い

3552499_s 信用金庫社員が30代で転職して成功した体験談を語ります!

職場の環境については、上司であっても何でも言える風通しの良い環境だったと思います。しかし、支店長によっては、顔色を伺って話しかけないとタイミングを間違えると営業時間中であっても怒鳴られるということもあります。

私が務めていた会社には170名程度社員がいます。しかし、30代の職員が圧倒的に少ないです。

ですので、20代後半の職員を知識や経験が足りないにも関わらず、役席に登用していることから、役職に見合った仕事が出来ていません

また、管理職までいけば実力次第で若くして登用されることがありますが、監督職については基本的に年功序列のため実力不足の役席がたくさんいます。

それにも関わらず登用された者は自分は役席だというよく分からないプライドがあるのか仕事を溜め込み、管理職に叱責を受けているということが度々見受けられます。

そのため、実力のある平社員の者が監督職に気を遣い、仕事を代わりに行っていたり、管理職の者が監督職の者に頼んだ仕事が、監督職の者から平社員の者に回ってくることがしばしばあります。

それもそんなに重たい内容ではなく、時間をうまく使って取り組めばそんなに負担にならない内容な物ばかりです。だからといってそういう職員の年収が高いということはありません。

ですが、役員の報酬は年々増加しており、下がいくら頑張っても上に吸収されているような形になっています。

上の者は基本給やボーナスで還元していると言いますが、見合っていると感じている職員は少ないです。

信用金庫の毎月のノルマが苦痛

3552499_s 信用金庫社員が30代で転職して成功した体験談を語ります!

どこの会社でも変わりませんが、何かにつけて、毎月キャンペーンという名の目標があります。

もちろん年間の預金増加額、融資の増加額などは別にありますが、それとは別に2ヶ月間で預金を5億近く集めてこいや、3ヶ月間で保険を10件契約してこいなど毎月何かしらあります。

また、その目標の数字は本部で考え各支店に割り振られます。当たり前ですが、渉外係が数字を集めてきます。

預金にしても保険にしても限りがありますので、短期間でどうこうならないこともあります。

それでも数字が目標に届かないまま期限に近づいて来ると本部から何としてでも目標に届かせろという無理難題のような指令が飛んできます。

預金であれば新規開拓をしたり既往顧客からの紹介、既往顧客に頼み込んで無理矢理数字を作ることは出来ますが、保険の場合にはそういう訳にはいきません。

さらに今のご時世で保険に加入していない人はほぼいません。それでも何とかしろ、何か考えろと策がある訳でもないのに頭ごなしに押し付けてきます。

結局取引の厚い顧客にお願いセールスとなるのですが、そう何度も引き受けてくれる良い人はいません。

なので、自宅に帰った後も仕事の事が頭から離れず、休日もあれどうしようやどうしたら目標に辿り着けるのだろうかと仕事の事ばかり考えてしまいます。

また、その結果無理矢理目標を達成したとしても褒められる事はなく、当然だなと言わんばかりに次のキャンペーンの数字を押し付けられるのがとても辛かったです。

信用金庫から転職して精神的に楽になった

3552499_s 信用金庫社員が30代で転職して成功した体験談を語ります!

今は実際に転職していますが、信用金庫に在籍していた時は毎日辞めたいと思っていました。

各種キャンペーンの数字ももちろんですが、融資絡みで上司と顧客の板挟みとなり、なんでこんなに自分が頭を下げなきゃいけないんだ、なんでこんなに自分が苦しまなきゃいけないんだと考えていました。

また、自分で考えて全体のためと思って行動しても特別評価されることはなく、周りは当たり前ぐらいの感覚で受け止めていた時には、ここで仕事を続けても自分の良いようにはならないなと感じていました。

そして転職し、現在は警備業に勤務しています。全くの畑違いの業種ではありますが、信用金庫時代の同僚がその会社におり、待遇や職務内容を聞いて信用金庫にいるより環境が良くなると考えて飛び込みました。

実際に勤務してみると信用金庫時代の経験はほとんど活用できませんが、普段自分が心掛けていた周りを見て、自分が今何をすべきなのかという考え方は活きていると思います。

周りには就職浪人で入社した方や転職を繰り返して入社した方など様々な方がいます。ですが、そのほとんどの人が基本的に指示待ち人間です。

指示された以上のことは自分で考えて行わないため特別なことをしているつもりのない私が高く評価されていると気がします。

これは信用金庫に居続けたら出来なかった経験ですし、色んな考え方があるんだなと日々勉強になっています。

職務内容は正直キツいとは思わないですし、信用金庫時代の精神状態に比べたら、比にならないぐらい落ち着いていると思いますので、転職して良かったと思っています。

信用金庫からの転職も悪いものではない

転職するという事はもの凄く勇気がいる事だと思います。今まで慣れ親しんだ環境を離れ、ゼロから環境を作るということになります。

また、世間体で見たら金融機関というのは格式の高い職業だと思いますし、年収が低いという事はおそらくないと思います。

そこを辞めて別の業種に転職すると言うのは他者から見たら勿体ないと言う人もいるかもしれません。

しかし、自分の人生であり、一度しかない人生でもあります。他人から言われる事については、参考程度に留めておき、自分がどうしたいのかを良く考えて転職したら良いと思います。

正直私自身、転職する前はどの会社に行っても信用金庫時代のような辛い環境が続くと思っていました。

ですが、実際にはそんな事はなく、もの凄く視野が広がった気がしますし、気持ち的にも余裕が持てるようになったと思います。

もしかしたら今後転職した事が失敗だったかもしれないと後悔する事があるかもしれません。

でもどこに居ても同じですが、自分を良くするのも悪くするのも自分の行い次第だと思いますので、自分の人生をより充実させる事ができるように頑張って下さい。

 

転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。
3552499_s 信用金庫社員が30代で転職して成功した体験談を語ります!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる