信用金庫社員の年収ってどのくらい?年代別に詳しく聞いてみた!

地元のために貢献したいので信用金庫で働きたい!そんな思いを持って信用金庫への就職を希望している方も多いと思います。

ただ、やっぱり給料も大切ですよね?

給料が安いと我慢できないことも、ある程度給料が高ければ我慢できるなんてこともあります。

今回は実際に信用金庫に勤務している方々に年収についてのアンケートを行い協力して頂きました。アンケートの内容は以下の通りです。

  1. 現在信用金庫で行っている業務内容は何か?
  2. 現在の年収はいくらか?

信用金庫で働きたいと考えている方の参考になればと思います。特に就活中の学生さんは気になるところだと思いますので確認してみて下さい。

目次

信用金庫社員の年収と仕事内容を年齢別に紹介

2021-02-08_23h32_41 信用金庫社員の年収ってどのくらい?年代別に詳しく聞いてみた!

30代前半の男性の仕事内容と年収

私は33歳で北海道の旭川市に店舗を構える信用金庫に勤務しています。旭川市においては7つの信用金庫が競合している激戦区です。

信用金庫での役職は主任で営業担当役席者に就いています。主に行っている業務は融資業務であり、法人先における運転・設備資金の推進及びアパートローンに注力して業務を行っています。

また、法人先従業員に向けた住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの情報収集に力を入れています。

他にも年間を通した各種融資商品における計数管理と稟議書の作成を行っており、私及び部下が入手した融資情報をもとに、職員全員が把握できるよう案件を精査し、取り上げ可能かどうかといった会議を行ったうえで、情報を共有できる体制を構築しています。

年収は家賃手当などの諸手当込みで500万円程度です。役職に就けばこのくらいになるのかなって感じです。

信用金庫では役職は比較的若い時から就けるので、能力があれば20代後半から500万円程度稼ぐことができますよ。

28歳女性の仕事内容と年収

2021-02-08_23h32_41 信用金庫社員の年収ってどのくらい?年代別に詳しく聞いてみた!

兵庫県神戸市の信用金庫に勤めている28歳です。大学を卒業して新卒で入社し、約5年半勤めております。

規模が少ない銀行でしたので職員がほぼ顔見知りです。職員同士だけでなく、職員の家族も参加し交流するイベントや旅行もありコミュニケーションがとりやすく、とても働きやすい職場でした。

私は5年半総務部に所属しており、今の年収は約400万円程度です。仕事内容としては、会社内の備品管理、経費処理、固定資産管理、施設管理、福利厚生活動など多種多様な業務があります。

一言で言うと、『縁の下の力持ち』。銀行業務には直接関わっていませんが、職員全員が働く環境を整える仕事で、職員から様々なお願いをされることも多く、業務量は多かったです。

その分感謝されることも多く、とてもやりがいを感じていました。唯一経費処理では伝票を起票することも多く、少し銀行業務を感じました。

また、多種多様な業務があったため、各業務の担当は自分のみのものばかりで不安な部分も多かったですが、その分緊張感や責任感を持って仕事をすることができています。

26歳女性の仕事内容と年収

2021-02-08_23h32_41 信用金庫社員の年収ってどのくらい?年代別に詳しく聞いてみた!

私は現在26歳です。勤めていたのは新卒~3年目の10月までです。結婚が決まり県外へ引っ越すことになり退職しました。

所在地は、本店は長野県長野市にあり、県内に支店があります。私が勤めていたのは飯田市の支店でした。

田舎なので、来店するお客様はほとんど見た事のある、または知っている方でした。それは気楽でもあり、ちょっと緊張でもありました。

役職は一般社員(いわゆる平社員)仕事内容は主にテラー、税金取りまとめ、経費管理、出納、集金でした。たまに後方事務を手伝うこともありました。

テラーでしたのでお客様が窓口に来店されたら対応するのはもちろんですが、お客様の少ない時は内部の仕事をしていました。それが税金取りまとめ、経費管理、出納です。

また、私の勤めていたところは女性の内勤も少しだけ渉外活動があり、集金に行かなければならなかったので落ち着いている日は渉外活動に出かけ、集金と定期預金やその他金融商品の営業をしていました。

年収は300万円程度でした。月給はとても低いなあと感じていましたが、賞与がまあまあ満足する金額でしたので年収として見れば平均的でした。

40代女性の仕事内容と年収

2021-02-08_23h32_41 信用金庫社員の年収ってどのくらい?年代別に詳しく聞いてみた!

私は40代の女性で岐阜県多治見市の信用金庫に20年勤務しました。役職は無く、一般事務職として働いておりましたので、窓口、後方事務は全般と融資補助としても働きました。

地元密着をスローガンとしておりましたので、内部女子職員もローテーションを組み夏、冬のボーナス時期には外を周らしていただいてました。大変良い環境の中で勤めてこれたと、思います。

仕事内容は窓口では来店客の方の依頼をお受けして、自分で処理できる内容であれば行い、時間を要する内容であれば後方事務、または役席の方にお願いをしておりました。

窓口はその場で混雑状況などを考え判断して、いかに早くお客様にご返却でき、お待たせする時間に会話をしてお客様の情報を知り、次につながるようにと常に考えて取り組みました。

後方では、預金全般、為替、融資補助です。どの事務に関しても、得意先(営業の方)が集金してきたものと、窓口からまわってきたものを3時迄に処理する仕事です。

融資補助に関しては時間関係なく本部に送る為の事務として、顧客の内容に関しての照会票をひたすらパソコンから出して融資係に渡していました。

年収は役職もなく一般行員だったため360万程度だったかと思います。20年働いていましたがほとんど年収は変わっていません。

まあ、役職に就くのが嫌で試験を受けなかったので私がいけないとは思います。役職に就き責任が重くなるくらいなら今のままでいいやと思っていました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる