地方銀行で社内恋愛すると会話が仕事の話になりがちなので要注意!

同じ業界や同じ会社内で恋愛をすると会社の事情をお互いわかっているので仕事に関しての理解があるというメリットがあるようです。

あの上司に言われたのなら言うことを聞くしかないよね!なんて理解を示してくれる場合もあるようです。

ただ、同じ職場であるが故のデメリットもあるようです。それは、会話がどうしても仕事の話になりがちだという点です。

共通の話題も多いのでどうしても仕事の話をしてしまうようなのですが、休日も仕事のことばかり考えてしまうことになり嫌だという方もいるようです。

私の同僚も社内恋愛をして結婚しましたが、家庭では一切仕事の話をしないようにしているそうです。そうしないと家庭内で気が休まないみたいです。

ということで、今回は地方銀行で社内恋愛をしたものの仕事の話ばかりしてしまい別れることになってしまった男性の事例を紹介させていただきます。

この事例を参考にしていただき、同じような失敗をしないようにしていただければと思います。

目次

地方銀行での社内恋愛はバレてはいけない

2021-02-14_13h42_44 地方銀行で社内恋愛すると会話が仕事の話になりがちなので要注意!

私は現在社会人4年目で地方銀行に勤め4年目になる26歳の男性です。関東にある地方銀行で法人営業をしています。

支店規模とすると女性30名、男性12名の半数以上が女性で中型支店でした。会社全体でも男性4割、女性6割といったように女性が多い職場でした。

私は同じ支店ではない同期の女性と短い間お付き合いをしていました。銀行の内定式で知り合い意気投合し付き合うことになりました。

しかし、交際期間は短く1年程度でした。なぜ短い間だったのか、社内恋愛についての注意点含めてお話します。

地方銀行の情報ネットワークは怖い

私が勤めていた銀行での社内恋愛は比較的に多かったです。しかしながら、注意しなくてはいけない点が1つだけありました。

それは「結婚するまで絶対に上司、同僚の先輩にバレてはいけない!」ということでした。

それはなぜかというと、もし社内恋愛をしていることが人事にバレてしまった場合、同じ支店内では必ずどちらかが転勤され、違う支店でも近隣店舗ではなく遠い支店に異動される可能性が高いからです。実際に社内結婚された先輩夫婦の方もそうでした。

私が当時住んでいたのは埼玉県で相手の女性は東京でした。距離的なものは埼玉と東京でしたので電車で30分もすればスグに会える距離でした。

同期は私たちが付き合っていることはほとんどの人が知っていましたが、上司や先輩にはバレないようにしていました。

しかし、上司や先輩には言ったことがないのに付き合って1ヶ月が経つ頃に支店長から他愛もない話から「お前、〇〇支店の子と付き合ってんだな」と言われたときには正直焦りましたね。

支店長にはうまくやれよー。と軽く言われましたがどこで支店長の耳に入ったのか分からず、彼女にも話をしたところ、彼女も同じことを支店長から言われたそうでした。

そんなに小さい銀行ではなかったはずですが、銀行の社内ネットワークは恐いと正直思いました。

正直同じ会社で働いているため支店は違えど噂は回ってきますし、一緒に仕事をしたことがなくても働いている人のことは嫌でもわかり、ある意味情報通にはなります。

地方銀行で社内恋愛をすると会話が仕事の話になりがち

2021-02-14_13h42_44 地方銀行で社内恋愛すると会話が仕事の話になりがちなので要注意!

支店は違えど同じ会社の同期ですので共通の話題と言えば仕事の話です。地方銀行では入行後に様々な資格を取得する必要があります。

一人で仕事終わりや休日に勉強するのはやる気が出ないのですが、彼女と一緒に勉強することでモチベーションを上げることができました。

そういった部分ではお互いを高め合うことができるので良かったのかなと思っています。ただデメリットもあります。

会話が仕事のことばかりになる

私の会話力が不足していたからと言われてしまえばそれまでですが、私の場合は会話で行きついてしまうのは結局仕事のことになってしまいました。

女性はただ話を聞いてもらいたいだけなのに、同じ会社で業務もおおよそ分かるため男性のこちら側とするとどうしても、アドバイスや解決策を探してしまうということがありました。

それにお互いがお互いを比較対象にしてしまい、銀行の女性も強い方が多く負けじと対抗心を燃やしてきます。

なので短い期間で別れてしまったのは会話が仕事の話ばかりになってしまい、お互いが対抗心を燃やしてしまい、良い方向にはいかず、悪い方向にいってしまったのが原因です。

社内恋愛をする場合は仕事の話はほどほどに

もし社内恋愛をするようでればとにかく水面下で付き合って、同期でも本当に仲の良い同期にしか付き合っていることを明かさないということです。

そして、プライベートでは仕事の話はほどほどにしておきましょう。プライベートに仕事の話をして良いことなんてほとんどありません。

それどころか意見が食い違って言い争いの元となる可能性もあります。わざわざケンカをする必要はありませんので仕事の話はほどほどにしておきましょう。

地方銀行での社内恋愛を成功させるためにはこの二つが特に重要なんじゃないかなと思います。

私は上手くいきませんでしたが社内恋愛も良い出会いの機会の一つだと思います。社内での出会いを疎かにすることはないようにした方がいいと思います。

社内恋愛から良い家庭を築いている先輩行員を何人も見てきました。ですので、気になる人がいるのであれば積極的に行動してもいいのかなと思います。

ただ、上司や同僚にはバレないようにすることは重要ですけどね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる