信用金庫をすぐに退職しても大丈夫?3年で転職した女性の成功事例

地元に貢献できる仕事がしたいと思い信用金庫に就職したという方は多いと思います。地元で暮らしていたら誰もが知っているので就職先の候補の一つとして選ばれます。

お金を扱う仕事ですので給料も福利厚生も良く、エリートで好待遇なイメージで就職してしまった方もいるとは思います。

私もその一人です。信用金庫に就職したら将来安泰なんて思って就職しました。ただ、理想と現実のギャップはすごかったです。

同期の友人は次々と辞めていきましたし、ストレスから体調を崩してしまって退職していった同期もいました。

私は3年で信用金庫を退職して転職しました。転職をして良かったことは以下の二つです。

  1. 給料が上がった
  2. ノルマに追われることがなくなった

ただ、もちろん退職して悪かったなと思うこともあります。ですので、しっかりと考えてから転職はするようにしましょう。

人によっては3年間働いてから転職しないといけないんじゃないの?なんて思う方もいるかもしれませんが今はそんなことはありません。入社してすぐに転職した方が良い転職先が見つかる場合も多くあります。

今回は私が信用金庫を3年で辞めてみて感じたことについて紹介させていただきます。

目次

信用金庫を辞めた理由を紹介

138087_s 信用金庫をすぐに退職しても大丈夫?3年で転職した女性の成功事例

新卒から地元の信用金庫に入庫しました。憧れて入ったというよりは、就職口がほとんどなく、最初に内定をもらって、かつそこそこの規模であったので入庫しました。

最初に配属になった支店で預金係で後方事務を1年間担当し、その後融資係を1年6か月経験し、6か月間窓口を担当してちょうど3年間で退職しました。転勤と外回りは経験することはありませんでした。

数字に追われることがキツイ

数字に追われるのがとにかくきつかったです。住宅ローン契約の年間成績で当時在籍していた支店が1位になったことがありました。

1位になった要因は私を含めた3人のローラー部隊の功績が大きかったと胸を張っております。

12月末や3月末の契約のスケジュール感や実際の忙しさは尋常ではなく、二度とこのような経験はしたくないと思うレベルでした。

支店が表彰されても報奨金などは出ない

他の業界であれは少しくらい報奨金などでるかとは思いますが、私が勤めていた信用金庫では一切出ませんでした

ボーナスが少しくらい増えるかなと期待していたのですが、いつもとほとんど変わりはありませんでした。なんの為に頑張ったんだろうと思ってしまいました。

毎期目標がリセットされる

転職を決意したのは3月31日から4月1日に変わった瞬間に目標がリセットされ、また今年と同じ量の住宅ローン契約を目指さないといけないと気づいてしまったとき、吐きそうになりました。

これが今後も30年以上も続くと思うと耐えられず、銀行員である以上、一生数字に追われるとわかっているのでそんな働き方はしたくないと思い転職を決意しました。

ちなみに住宅ローン以外にも保険(個人年金)のようなものも年中言われて契約目指していました。

信用金庫からの転職に利用した転職サイトを紹介

138087_s 信用金庫をすぐに退職しても大丈夫?3年で転職した女性の成功事例

エンジャパンとdodaを利用しました(エージェントではない)。未経験でしたが経理の仕事に就きたいと思い経理の求人を探しました。

検索してみると、未経験可能の募集がけっこうありました。年齢も20代であったため条件に当てはまることが多いようで、思ったより面接までたどり着けます。

しかし、未経験可能のような門戸が広い求人ですと応募者が多いため激戦になります。私の内定先も40名ほど受験者がいたようです。ご縁があってその中の一人になれましたが、今思うとかなり難易度が高かったと思います。

逆に、給料などの条件が良くなったり、会社が大手になると経験者しか募集してない傾向が強く、そもそも申し込みすらできませんでした。

しかし、採用する企業側において求職者と企業側の時間の無駄を省くために、求める人材の条件を明確にしておくことは非常に重要だと感じております。

どちらのサイトも使いやすさに関しては問題なく、検索機能も使いやすかったです。おすすめ求人に金融系ばかり上がってくるのは少し迷惑でした。

信用金庫から転職して良かったこと悪かったこと

138087_s 信用金庫をすぐに退職しても大丈夫?3年で転職した女性の成功事例

私の転職先は食品メーカーの経理です。転職して良かったことの方が多いですがもちろん悪かったこともあります。

転職して良かったこと

まず、数字のノルマから解放されたことです。決算などで時間の制約はあるものの、残業して対応すれば問題ありません。

信用金庫の時のように絶対に定時に帰らなければならないというプレッシャーもありません。ですので、落ち着いて正確に仕事を進められます

また、職場環境も良くなりました。信用金庫の時は、古い考え方の方が多く、お客様のほうが社内の人より優しいなんてことが多くありました。

しかし、今の職場の同僚は未経験な私に対して親切に教えてくれ、ゆっくりと覚えて行けばいいからという考えで接してくれます。働くうえで職場の環境も非常に大事だと感じました。

転職して悪かったこと

信用金庫ほど労働に関する法令の遵守が進んでいないことです。法令で定められた休憩時間や時間外手当の支給などが守り切れていない場合がよくあります。

信用金庫の場合は出勤時間や退勤時間がしっかりと管理され残業代がしっかりと出ましたが、そうではない会社も多いんだと知りました。

3年以内の転職はチャンス!

3年間働いてからでないと転職は難しいなんて言われたことがある方もいるかもしれませんが今は全くそんなことはありません。

実際に転職活動をしていると、入社後1年未満の方も数多くいました。自分に合わない職場であればすぐに転職する方が良いということだと思います。

信用金庫の仕事は大変ですし、精神的にキツイことも多いと思います。会わないと思うのであればすぐに転職活動をすることをオススメします。

ただ、退職するのは次の勤務先を見つけてからにした方がいいとは思います。こちらの記事に理由は書いてありますので興味がある方は参考にして下さい。

[box06 title=”あわせて読みたい”]地銀・信用金庫からの転職に失敗して激しく後悔するパターンはコレ![/box06]

仕事をしながらの転職活動は大変だとは思いますが自分の人生をより良くするためだと思い頑張ってもらえればと思います。

転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる