地方銀行・信用金庫から転職したいならオススメ転職サイトはココ!

一昔前までは地方銀行や信用金庫に入れば将来安泰なんて言われてきましたが、最近の状況を見ていると楽観視できなのが現実です。

長期にわたる低金利によって銀行の収益源である融資での収益は減少していますし、融資先である中小企業数は年々減少しており厳しい状況です。

新卒で入社した方もその現実を目の当たりにして転職を考えているなんて方も多いようです。

本当にこのまま一生今の職場で仕事をし続ける自信がないという方は、いざという時のために人生の保険をかけておいてもよいと思います。

一つ目は貯蓄です。転職を考えて行動するときに貯蓄がないと余裕を持って行動することができません。

数か月間収入がなくても問題ないくらいの貯蓄があればいざという時に行動しやすくなります。

二つ目は転職の事前準備をしておき転職オファーを常にもらえるようにしておくことです。転職情報を定期的に仕入れておくことで、良い条件の転職先が見つかった際にすぐに行動できます。

詳しく下に記載していますが、転職の優良案件に乗ることができるかは運とタイミングによることが多いです。

ですので、そのタイミングにしっかりと乗るためにも随時転職情報を仕入れておくことが良いでしょう。

目次

地方銀行・信用金庫からの転職の際は事前準備が重要!

5179515_s 地方銀行・信用金庫から転職したいならオススメ転職サイトはココ!

転職活動を成功させるために一番大切なことは「準備」です。当たり前だと思う方も多いと思いますが、準備をせずに転職活動をする方はとても多いです。

今の仕事と転職活動を同時並行で進める方がほとんどなので、新卒の就職活動時のように事前準備ができず、転職活動が上手くいかないケースが多くあります。

転職をしたいと思うきっかけはネガティブな理由なことが多く、それを解消しようとすぐに行動をしてしまいがちです。そのため準備不足になる場合もあります。

しっかりと準備をしないまま転職サイトを見て応募したり、転職エージェントに言われたまま面接に行くと失敗してしまう原因となります。

そうならないためにも今一度事前準備をしっかりと行いましょう。事前準備として必要なことは以下の2つです。

  1. 自己分析を行う
  2. 複数の転職サイトに登録しておく

自己分析をしっかりと行う

就職活動時に自己分析をほとんどの方は行ったのではないでしょうか?同じことを転職活動時にも行うことが重要です。

新卒採用時とは異なり、地方銀行・信用金庫で勤務した経験を通じて自分の得意なことや不得意なこと、仕事のやりがいが見えてきたと思います。

また、お金に関する考え方が変わったという方もいると思います。年収がアップしても自由に使える時間が減るのは嫌だと思うようになった方もいると思います。

仕事を選ぶ際に年収は重要なポイントだと思いますが、転職後に年収がアップしている方というのは全体の4割程度です。6割の方が現状維持か年収ダウンしています。

これらのことを踏まえて自己分析を行い転職活動を行いましょう。自分が仕事をするうえで何が一番重要かを明確にしておくことで転職を成功させる可能性が高まります。

複数の転職サイトに登録しておく

転職サイトはどれも同じだと思っている方がいるかもしれませんがそれは大きな間違いです。

リクルートやdodaのような案件数が多い求人を取り扱う総合型の転職サイトもあれば、専門職種を取り扱っている専門型の転職サイトもあります。

また、サイトによっては登録した会員のみに公開する非公開求人なんていうのも存在します。

一般的に公開されている求人に比べて非公開求人の方が給料や働く環境などにおいて魅力的だと言われます。

非公開求人とする理由は様々ですが、一つの理由として応募が殺到することを避けることが挙げられます。

応募が殺到してしまうと企業側の手間が増えますし、本当に欲しい人材を採用することができなくなってしまう可能性が出てきてしまいます。

それを避けるために転職サイトに登録し、必要事項を記入した方のみに紹介するという方法を取っています。

どの転職サイトに良い求人案件があるかわかりませんので、複数の転職サイトに登録しておくことをお勧めします。

登録するのは転職エージェントでも大丈夫です。転職サイトと転職エージェントの違いを知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

[box06 title=”あわせて読みたい”]地方銀行・信用金庫からの転職!登録するなら転職サイトと転職エージェントどっち?[/box06]

転職にはタイミングが重要!中途採用は運の要素も大きい!

5179515_s 地方銀行・信用金庫から転職したいならオススメ転職サイトはココ!

1年を通して転職市場が盛り上がる時期というの春と秋です。具体的には3~4月と9~10月に求人が増えます。この時期は年度が切り替わる時期ですので人の移動が増えます。

ですので求人数が増加する1~2か月くらい前から行動をすると良いでしょう。そうすることで優良求人を見つけた際にすぐに行動に移すことができます。

転職サイトに登録するメリット・デメリット

次に転職サイトに登録をするメリットデメリットについてお話します。登録無料のサイトがほとんどですので金銭的なデメリットというのはほとんどないですがいくつかデメリットはあります。

メリット

  • メールで情報を仕入れることができる
  • 履歴書の添削をしてもらえる
  • 非公開求人の情報を得られる
  • 転職活動中に出会いやコネができる

転職サイトに登録すると様々な業界の情報をメールで受け取ることができます。今まで知らなかった情報を手に入れることができ、将来性のある企業を選ぶ助けにもなります。

また、転職エージェントに登録した場合、担当者による履歴書の添削や面接対策などを利用できます。転職のプロの目からアドバイスを貰うことができます

他にも転職活動中の仲間を見つけることもできます。転職サイトの場合、合同研修を行うところもあります。

転職活動を一人でするのは精神的な負担も大きいので、同じ転職仲間がいることは心強いと思います。

デメリット

メリットばかりではなくデメリットもあります。

  • 情報が多すぎる
  • 転職活動のための時間が取られる
  • 転職エージェントからの連絡が多く面倒

まず、転職サイトに登録すると多くの転職案件や業界の情報がメールで届きます。最初のうちはありがたいと思うかもしれませんが、慣れてくるとうざくなります。

また、転職エージェントからのメールや電話が多すぎて面倒だと感じる方も多いようです。

エージェントもビジネスですので転職希望者を企業に入社させないと自分の成果になりません。そのため早く入社させようと催促する担当者もいるようです。

ただ、転職サイトや転職エージェントに登録することにより今の自分の市場価値と現実を早めに知るというのは悪くないと思っています。

今の自分の市場価値を知り、どれくらいの条件の転職先があるのかを知っておきましょう。

地方銀行・信用金庫から転職する場合のおすすめサイト

5179515_s 地方銀行・信用金庫から転職したいならオススメ転職サイトはココ!

転職する際にまず最初にすることが転職サイトに登録することだと思います。地元の企業に就職したいという方はハローワークに行くこともおすすめです。

転職サイトに登録すると非公開案件を確認することもできますので、複数登録しておきチャンスを逃さないようにしましょう。

転職サイトはココ

リクナビ:最大手でスカウトが多い!最低限ならココ

マイナビ:大学事務職員などの教育関係の仕事がしたいならココ

転職エージェントならココ

リクナビエージェント:最大手で案件数も多い

doda:アプリで簡単に診断が可能!登録して放置でOK

マイナビエージェント:20代・第二新卒ならココ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる