銀行員にオススメの副業バイトはコレ

信用金庫の仕事内容を紹介!営業に必要なのは顧客との信頼関係!

これから信用金庫に就職しようと考えている方も多いと思います。最近では信用金庫の人気は落ちているようですが、依然として人気は高いようです。

ただ、頑張って入庫したものの数年で退職する方が多いのも事実です。信用金庫を退職する理由は様々ですが、多いのが以下の理由のようです。

  • ノルマがきつい
  • 仕事量が多い
  • お金を取り扱うので集中力が必要
  • 給料が安い

特にノルマがきついというのが理由で退職する人は多いようです。信用金庫の仕事内容は多岐に渡り、全てにノルマが課せられます。

それらを全てこなすには大変な努力が必要となります。特に新人の頃はそのプレッシャーに耐えられなくて辞めていく傾向があります。

ただ、上司はすぐに結果を求めてはいません。新人にできることなんてたかが知れているとわかっています。自分も新人の頃があったわけですし、仕事ができないのもわかっています。

怒るのが上司の仕事だから言っているだけです。たまにそうでない上司もいますが(笑)

ですので、入庫してすぐに辞めてしまうのはもったいないです。今回は信用金庫で20年近く働いている私が仕事内容と新人に求める能力についてお伝えさせていただきます。

目次

信用金庫の営業職の仕事内容について

bgt?aid=210305560294&wid=031&eno=01&mid=s00000020468001047000&mc=1 信用金庫の仕事内容を紹介!営業に必要なのは顧客との信頼関係!

信用金庫に就職を希望されている皆さんにとって最終的な目標は支店長でしょうか?本部部署の課長、部長、果ては役員でしょうか?

私が勤める信用金庫の場合、理事長は世襲制のためその頂に昇ることは不可能です。また私の場合、40代にもなると残念ながら自分の限界を悟ってしまい、将来像を描けなくなっているのが実情です。

これから信用金庫に夢や希望を持って就職される皆さんは違いますので安心して下さい(笑)

勤務して半年から1年は内勤業務に従事

私が勤める信用金庫の男性職員は内勤事務を半年から1年ほど経験し、必ず渉外係(いわゆる営業)に配属されます。上を目指すためには避けては通れない道です。

最初から営業をさせればいいのではないかと思われる方もいると思います。実際に他の職種ではすぐに営業の仕事に就くことも多いと思います。

しかし、信用金庫はまずは内部事務をやってから営業に出るんです。その理由は内部事務の業務内容を知らないと営業に出ても書類の不備を出してしまい、お客様に迷惑をかけることになってしまうからです。

信用金庫の仕事というのはお金を取り扱う仕事ですので顧客との信頼関係が重要です。それなのに毎回不備を出してお客様に迷惑をかけていては信頼関係なんて構築できません。

ですので、まずは内部の仕事を覚えてから営業に出るというわけです。そこが他の職種と異なる点なのかなと思います。

内部事務を体験後は渉外係として活動

一通りの内部事務を覚えることができたら渉外係として営業活動に従事することになります。ただ、半年間内部事務を経験したからといって全てのことに対応できるわけではありません。

信用金庫の業務は多岐にわたります。今まで経験したことのないことをお客様からお願いされるなんてこともよくあります。わからないながらもお客様からの信頼を勝ち取るために働くことが営業の仕事になります。

渉外係の仕事ですが、大きく分類すると3つの仕事を同時並行で行います。

  • 預金業務
  • 融資業務
  • 金融商品の販売業務

まずは預金業務ですが定期預金や定期積金をお客様にお願いして作っていただきます。ボーナスシーズンなどは各支店に目標が設定されますので、他行他信金からお金を移してもらうようにお願いをしたりもします。

次に融資業務です。融資には事業制融資や住宅ローン、フリーローンなど数多くありますが、渉外係は法人向けの事業融資と個人向けの住宅ローンをメインに行います。

信用金庫によってはカードローンの契約をお願いするというところもあります。私が勤務する信用金庫ではカードローンの契約を取ってくることが新人の業務となっています。

最後に金融商品の販売業務です。信用金庫では個人年金保険や投資信託、個人向け国債、学資保険など様々な金融商品を取り扱っています。

お客様のニーズに合わせて提案を行い販売していくことが仕事になります。ただ、提案を行うと言いながらも、実際はお客様にお願いしているという面も多々あります。

しかし、お願いできるのもお客様との信頼関係が構築されているからこそです。渉外係はお客様との信頼関係を作っていくのが最重要事項と言えます。

信用金庫の渉外係にはカテゴリーが存在する

bgt?aid=210305560294&wid=031&eno=01&mid=s00000020468001047000&mc=1 信用金庫の仕事内容を紹介!営業に必要なのは顧客との信頼関係!

渉外係には法人担当、チーフ、一般担当のカテゴリーが存在します。新人の時は一般担当ですが、年齢を重ねて経験を積むことでチーフや法人担当に昇進していくことになります。

法人担当

法人担当は名前の通り、支店内の主要な法人や規模の大きな個人事業主を受け持ちながら、事業所新規開拓を行います。

支店の事業計画の根幹である融資残高や事業所純新規獲得件数といった数字に対して多大なる責任を負い、支店長とともに支店の店舗考課の成否を担う最重要ポジションです。

チーフ

次にチーフと呼ばれるポジションがあり、各支店に配属されています。店舗によってはチーフが法人担当の役割を兼ねる場合もあります。チーフは各支店に配置されますが小型店には配置されません。

自身の営業成績に加えて一般担当の管理業務も担います。法人担当のいない小型店においては支店全体の数字がさらに大きく肩に乗しかかってきます。3月と9月の決算月は胃の痛い日々を送ることとなります。

ここに一般担当の管理業務もついてくるので業務内容は多岐に渡り、負担も大きくなってきます。仕事のできる支店長であればこの辺のグリップも握って一般担当の管理もこなしてしまうため、チーフは自分の数字だけを追いかけることができますが、そんな支店長の圧力は半端ないため事業計画未達などあり得ません。

一般担当

続いて一般担当についてです。就職を目指されている皆さんはまずこのポジションでの活躍を目指します。支店の営業エリアを面や住所地で分割し、一般個人宅や個人事業主を中心に担当します。

住宅ローン、マイカーローンやカードローンといった個人向け融資を中心に営業活動をすることでしょう。

競合他行からシェアを奪い取るためにはこまめに足で情報を稼いで、ライフサイクルにあったタイムリーな提案力が成功の秘訣であると思います。

新人渉外係はノルマを気にしなくて大丈夫

bgt?aid=210305560294&wid=031&eno=01&mid=s00000020468001047000&mc=1 信用金庫の仕事内容を紹介!営業に必要なのは顧客との信頼関係!

それは素直さと真面目さにつきると思います。新人のできる仕事なんてたかが知れています。上司はまだ結果まで求めていません

仕事内容やお客様のことを1日でも早く覚えて、日々成長してくれることを望んでおり、姿勢や過程を評価しています。

次に渉外係1年目が取り組むべき仕事についてお話したいと思います。まずカードローン推進から取り組むとよいでしょう。

私の勤務する信用金庫で主に取り扱っているカードローンは随時払い型で、毎月の約定返済がなく極度額の範囲内であれば借りたり返したりを反復して行うことが出来ます。

また、普通預金にセットするため証書貸付のローン返済や公共料金・クレジットの引き落としがかかった時に万が一の残高不足に備えることができます。

延滞回避ができ、個人情報が汚れることがないようお守り代わりのようなローン商品です。貸し越し(マイナス残高)にならなければ利息は発生しないため、今すぐにローンニーズのないお客様にも推進できます。

また、住宅ローンやマイカーローンといった目的ローンと比べて金利設定が高いため、現在の低金利時代にあって高金利商品であるため信用金庫の利息収入確保に貢献できます。

お客様に無理な借入を押し付けて営業ノルマを達成しているわけではなく、将来のローンニーズの想像を図れる商品ですので新人の渉外係には持ってこいのセールス項目だと私は思います。

またカードローンは信用金庫の特色のひとつである定期積金に似ています。将来の教育資金や住宅建築の頭金を貯蓄するため、毎月決まった金額のお金を積み立てていく商品です。

顧客に将来発生するニーズを想像させて、貯蓄行動を喚起させるところが似ていると思うからです。この二つに共通していることはお客様との間に築かれた信頼関係を基に金融商品のセールスを行っていることです。

積金の募集ができない営業にカードローンは売れない。カードローンすら売れない営業に事業性融資は売れない。事業性融資のできない営業に信用金庫の仕事の醍醐味は理解できない。

信用金庫に就職した以上、中小企業への資金繰り支援や本業支援をしてこそ一人前と言えるでしょう。これは入社して初めて渉外係として営業に出た時の支店長から教わった言葉です。大袈裟かもしれませんが、今の私の礎となっています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

信用金庫に勤めて20年になります。20年間で様々な経験をしてきました。信用金庫の良いところから悪いところまでもれなく紹介させていただきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる