銀行員にオススメの転職サイト・転職アプリはコレ

地方銀行からデザイン業界へ第二新卒で転職して成功した女性の事例!

地方銀行へ就職することができたら勝ち組!そう思って就職したものの、実際は業務量は多く、毎日残業がある。

せっかくの休みも地域のイベントに出席しないといけなくて大変!そう思っている方も多いのではないでしょうか?

地方銀行は給料が高くて仕事も楽そうなんて言われたりもしますが実態は真逆です。給料は低くて仕事は大変です。

こんなことなら他の業界に就職したらよかったと!そう思っている入行したばかりの人は第二新卒での転職を考えてみてはいかがでしょうか?

転職をすると給料が下がるなんて言われていますが、第二新卒で転職した人で給料が上がったというケースは多いです。

今回は入行して3年で退職し第二新卒で転職に成功した女性にアンケートに協力していただきました。転職を検討している方の参考になれば幸いです。

目次

地方銀行を辞めたいと思った理由は3つ

5135378_s 地方銀行からデザイン業界へ第二新卒で転職して成功した女性の事例!

地元の大学の経済学部を卒業してから、もともと地域経済に興味があったので、そのまま新卒で地方銀行に就職しました。

銀行業務が大変だと聞いてはいましたが、女性行員はそんなに忙しくはないんじゃないかと思っていました。

しかし、実際の職場は想像以上に忙しかったです。3年間窓口業務を担当していたのですが、休憩が取れないくらい忙しいことも度々ありました。

このままここにいては体を壊してしまうと感じて転職をしました。転職を決めた主な理由は以下の3つです。

  • 仕事の休みが取りづらい
  • 労力と給与が見合っていない
  • 転職についてのアドバイスをもらった

仕事の休みが取りづらい

銀行は有休もしっかり使うことができ、土日祝日もしっかり休めるものだと思っていました。しかし、実際は仕事の休みなんてほとんど取れませんでした

支店内の人手が基本的に足りないため、一人が休暇で抜けると他の行員にしわ寄せがきます。

有休を取っている同僚はほとんどおらず、そんな中で新人の私が有休を取って休むなんてこともできませんでした。

労力と給与が見合っていない

どうしても地方銀行だと大手とは違い給与も上がりにくいですし、また高齢者が多いので窓口業務の作業量も多く、普通の会社員の知人と比べてみても業務量は多いと感じました。

休憩を取れないことはざらですし、繫忙期なんて忙しすぎてトイレにも行けないこともありました。

それなのに給料は低いまま。こんな低い給料でこんな仕事やってられない!と思い転職を考えるようになりました。

転職についてのアドバイスをもらった

私はどこの会社で働いても同じようなものだと思って働き続けようと思っていましたが、転職するならまだ早いうちの方が得策だとまわりにアドバイスをされたのも決め手となった一つでした。

若い頃はよくても自分が年をとった時に同じ仕事内容のままでこの給与や労働待遇だと思うとぞっとしました。

その頃結構精神的に疲れていたので周りの声に後押しされて吹っ切れて転職できたし、もう一つの夢にチャレンジできるのもメンタル的に持ち直せた好材料だと思います。

経済学について大学では学びましたが、実態と想像での仕事内容のずれにどうしても働く前までは気づけません。

だからこそ気づけたことで色々な知人や家族からアドバイスも受けれたし転職に向けて資格を勉強したりといった時間やスケジュール管理がスムーズにしやすかったです。

デザイン業界の仕事内容と地方銀行との違い

5135378_s 地方銀行からデザイン業界へ第二新卒で転職して成功した女性の事例!

転職をしたデザイン業界で行っている仕事内容と地方銀行との違いについて紹介させていただきます。

仕事内容

転職した業界の仕事内容は書籍やポスターなどのデザインを事務所に所属しているデザイナーに発注したり、フリーのデザイナーの方に依頼をしたりといった受発注業務が中心です。

事務所内だとすぐアサインができるのですが、外部の方だとスケジュールをとったり予算交渉が必要など、その仕事に見合うだけの予算を管理する力も必要だと思っています。

地方銀行との違い

地方銀行時代のお客様は高齢の方がほとんどでしたが、このデザイン業界はどちらかというと若いクライアントの顧客層なので、対話の相手としてはやりやすさがあります

また窓口業務との仕事の違いは対等な関係としてやりとりできるので、今のところストレスはたまりにくく安心しています。

またデザインの受発注だけではなく画像ソフトなど扱ったり、クリエイターのスケジュール管理をしたりマネージャー的な部分もあるので、そういうところは銀行時代より自分が主体となって仕事を回している感があります

もちろんやりがいもありますが、責任もあるので一長一短というところです。

デザイン業界へ転職をしたい方へのアドバイス

5135378_s 地方銀行からデザイン業界へ第二新卒で転職して成功した女性の事例!

アドバイスとしてはデザイン業界のメインはやはりデザイナーなのでより給与を高くするには、画像編集のソフトを扱えたり、デザインスキルをあげたり色彩検定などの資格を持ってると重宝がられます。

最初からそれを持っていなくてももちろん受発注業務などで経験を積んで、私のように少しずつ別業務へ移行するのも可能だと感じています。

ただベースにはデザインに興味があったり内部のデザイナーや社員であればお互いのイメージをすりあわせるだけのコミュニケーション力も必要になっていきます。

地方銀行だと商品説明や報連相などの一方的でも可能な業務もありますが、そういうのではない感覚的なコミュニケーションスキルができる人ならばデザイン業界でも問題なく働けると期待しています。

自分の可能性を事前に知っておこう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる