地方銀行での仕事は給料が割に合わない!入行5年目の女性行員の本音

銀行は3時で窓口が閉まるので楽な仕事だとか、定時に帰れるいい仕事なんて思われることもあります。

ただ、入行してからイメージとギャップの差に悩んでしまう方も多く、若手の離職率が高い業界となっています。

今回は入社して5年目の女性行員に職場に関してのアンケートを行い協力をして頂きました。

目次

銀行での業務内容を紹介

1340971_s 地方銀行での仕事は給料が割に合わない!入行5年目の女性行員の本音

私が現在行っている業務はテラーがメインです。窓口で預金の払い戻し、預け入れの手続き、融資や生命保険、その他金融商品の提案業務を行なっています。

窓口に来客されたお客様をメインにした通常貯金、定額貯金、財形貯蓄等の入金や払い戻しの手続きをしています。

また、現在は投資信託などのNISA口座の開設や解約、また投資信託商品の窓口でのロビーセールス、声がけを行なっています。

他にも他社と提携している生命保険代理業務、販売代行やがん保険などの医療保険、損害保険の保険商品の総合コンサルティングもしており、金融商品を幅広く扱っております。

また、FP2級の資格の取得や生命保険募集人専門課程、特別会員2種などの様々な資格の取得もしています。

その他、融資、個人融資のご案内も上司に教わりながら現在勉強している途中です。大まかな金融商品を窓口にてロビーセールスを行なっております。

地方銀行から転職したいと思う理由を3つ紹介

1340971_s 地方銀行での仕事は給料が割に合わない!入行5年目の女性行員の本音

銀行に入社して5年になり、仕事にも慣れてきましたが辞めたいと思うことはよくあります。理由は3つあります。

お客様と上司に挟まれて業務を行う息苦しさを感じている

窓口では来客されたお客様に笑顔で対応し、お預かりした書類などを確認で不機嫌そうな上司に持っていくと自分はどちらにもニコニコ笑っているだけですごく嫌になる時が多々ありました。

特にクレームのお客様の対応をしている時、お客様から怒られ、上司に相談に行くと「それぐらいの対応もできないのか」と上司にも怒られることがとても耐えられなかったのが1つの理由です。

仕事の内容と給与が割に合わない

他の銀行さんでは違うかもしれませんが、私の勤めている銀行ではいくら資格を取得し取り扱える業務が増えても他の取り扱えない社員と給与が変わりません。

また、金融商品の成約をいただいてもほとんどインセンティブがなくモチベーションは全く上がりません。

頑張っても頑張らない人たちと同じ給料ならわざわざつらい思いをしてやる必要を感じません。

年功序列の意識が高くなかなか私たちの意見が通らない

銀行は年功序列の意識が他の業界よりも強いと思います。また、私が女性なのでより意見が通りにくい部分もあると思います。

お客様のためにこうしたらいいんじゃないかという意見を上司にしても嫌な顔をされるだけで全く聞く耳を持ちません。

女は窓口に立って接客していればいいんだと言わんばかりです。こんな環境では辞めたくなっても仕方ないんじゃないかなと思います。

地方銀行を辞められない理由を3つ紹介

1340971_s 地方銀行での仕事は給料が割に合わない!入行5年目の女性行員の本音

仕事に行くのが嫌で、辞めたいと思うことはよくあります。ただ、すぐに辞めることを決心できない理由が3つあります。

転職先が限定される

転職に踏み切れない理由の1つ目に、次に働く職場に制限がかかりなかなか見つからないという点があります。

銀行で働いていると、特段目だった資格や国家資格などの資格や知識、経験がないため転職先も金融系や営業の職に制限されてしまいます。

私の場合はもう営業をやりたくないと思っていたので転職する際の条件として足りないものがたくさんありました。

パソコンスキルがほとんどない

銀行での業務では銀行専用のソフトが入ったパソコンを利用しているので、一般的なパソコンスキルはほとんど培われません。

ExcelやWordも大学時代にレポートを提出した際に使った以来ほとんど触っていません。男性行員は営業や融資などで使うことがあるようですが、女性行員は機会がほぼありません。

事務職に転職するのであればOFFICEの知識は絶対だと思いますので、今のままでは転職は難しいと足踏みしてしまいます。

人手不足で辞められない

また、もう1つの理由として人手不足があります。正直今の職場では有給の消化率もかなり低く、その理由として万年の人手不足です。

窓口では1人休むだけで手が回らなくなってしまい、窓口を一つ閉鎖してしまい、フル稼働できないおかげでお客様の回転も悪いです。

年金支給日などの窓口が混み合う時期になると最低でも30分以上お客様を待たせてしまうことが多々あります。

そのため、辞めてしまうと他の社員にも迷惑がかかってしまうという意識が働き、なかなか退職に踏み出すことができなかったことも理由の一つになります。

銀行から転職して事務をしたいのであればパソコンスキルは必要

1340971_s 地方銀行での仕事は給料が割に合わない!入行5年目の女性行員の本音

転職したいけれど、何のスキルもないと今のご時世次の仕事がなかなか見つからないということも考えれます。

ですので、銀行から転職したいようであればパソコンスキルを身につけておきましょう。ExcelやWord、PowerPointが使えるようになると職の選択肢も広がるはずです。

具体的にはマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を取得するのも良いと思います。履歴書にも記入できます。

また、資格を取得しておくと転職活動をする際に自信を持って活動ができます。自分の売りがあるのとないのでは気持ちの持ちようが全然違います。

今後地方銀行から転職して事務などの仕事をしたいと考えている方はぜひパソコンの資格を取得しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新卒で地方銀行に就職して1年間内部事務を経験した後に渉外係として30歳まで勤務。その後教育業界へ転職し、今は教育業界で働きながらサイト運営などの副業を行っています。副業をしたい方へのコンサル業も行っているので興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

目次
閉じる